こんにちは〜、ぞのちゃんです。

夏になると、トイレって妙にモワッと臭いますよね。

換気扇をずっと回していても、消臭スプレーをしてみても、「臭うなぁ・・・」ってことありませんか?

トイレの臭いは、なかなか落とせない便器の尿石(黄ばみや黒ずみ)、排水管にごっそり付着した尿石が原因だったりします。

あまり強い洗剤を使うと素材をダメにしたり、浄化槽のバクテリアが死んでしまって臭いが上に上がってきてしまって、逆効果だったりします。

そういった問題が起こらないように、【安心・安全な便器についた尿石の落とし方と臭いを防ぐ方法】をご紹介します。

落ちない尿石や不快な臭いにストレスを感じている人に、ぜひ参考にしてもらいたいです。

そして、ちょっとでも行動してもらって、快適なトイレを手にしてもらえると嬉しいです。

何やっても落ちない【尿石】と【不快な臭い】

毎日、いろんな人が何度も使うトイレは、汚れやすかったり、臭いやすかったり、悩みがつきない場所でもありますよね。

便器内の黄ばみや黒ずみ、通称【サボったリング】は軽い段階だったら100均で販売しているようなクエン酸でラクに落とせるけど、正直放置しすぎた頑固な尿石(黄ばみ、黒ずみ)はクエン酸ごときでは落とせません。

頑固な尿石にクエン酸で立ち向かおうとするのは、やめた方が良いです。

尿石(黄ばみ、黒ずみ)がどうも気になって、

「思いきって新品に取り替えてみようかな〜」「プロの清掃業者の方にキレイにしてもらおうかな〜」って思っている人はちょっと待ってください!

大金を払わなくても、掃除のプロじゃなくても、キレイにできる方法はあります。

まずは、わたしがこれから紹介するアイテムで試してみてから、取り替えやプロへの清掃依頼を考えてみてください。

落ちない尿石は【水垢落としスティック】でスッキリキレイに落とせる

尿石(黄ばみや黒ずみ)を放置しすぎると、臭いが気になり出したり、なかなか落とせなくなってしまったり、良いことなんてありません。

でも、忙しかったり時間がなかったら、お掃除に手が回らないのも仕方がないと思います。

軽い段階だったら早めにクエン酸などで落とすか、「まだ大丈夫!」って開き直る人も多いかもしれません。

けど、「まだ大丈夫!」って気持ちでい続けるとお掃除がどんどん先延ばしになって、気づいたときには写真のように頑固な尿石(黄ばみ、黒ずみ)になってしまっています。

だからといって、諦める必要はありません。

掃除のプロじゃなくても、天然の軽石で尿石(黄ばみ、黒ずみ)はラクに落とせるんですよ。

「軽石でこすったら傷がつくんじゃないの?」って思われるかもしれませんけど、

こちらの【水垢落としスティック】は陶器より柔らかく、便器についた尿石(黄ばみや黒ずみ)より硬い性質なので、便器に傷をつけずに頑固な尿石(黄ばみ、黒ずみ)を落とすことが出来るんです。

【水垢落としスティック】を使った便器の尿石の落とし方

まずは、便器内を水で濡れた状態にしておきます。

そして、【水垢落としスティック】も水に濡らし、消しゴムのように尿石(黄ばみや黒ずみ)が気になるところをこすっていきます。

常に水に濡らしながらこすってください。

水垢落としスティックが乾燥していると、便器に傷がついてしまうので注意が必要です。

水垢落としスティックは汚れには反応して削られていくけど、汚れていないところやすでに汚れが落ちているところでは削られていかない性質があるので、無駄に使いすぎることもないです。

こすっていくうちに、すべりがキュッキュッとしてくるので、それが汚れが落ちたという合図になります。

また、天然の軽石なのでこすったあとは水に流しても問題ありませんし、泡立たないので何度も水ですすぐ必要もありません。

陶器の便器に傷もつかず、新品のようにピカピカでツルツルな仕上がりです。

何をやっても尿石(黄ばみや黒ずみ)が落ちなくて、

「リフォームしかないかな・・・」

「プロにやってもらうしかないかな・・・」

って諦め気味だった何人ものお客さんも、水垢落としスティックで想像以上に安く、キレイに元どおりになったと満足されています。

トイレの便器に限らず、素材が陶器やタイルなら水垢落としに使えます。

写真は左半分を水垢落としスティックで水垢を落としてキレイにしたものです。

陶器の手洗い器なら水垢もしっかり落とせるので、気になる方はどうぞお試しあれです!

(※素材が陶器やタイル以外だと傷がついてしまうので、陶器やタイル以外には使用しないようにしてください。また、パナソニックの全自動おそうじトイレ『アラウーノ』は陶器ではなく【有機ガラス系】ですので、使用しないようにしてください。)

掃除しているのに【不快な臭い】を感じたら排水管が怪しいかも・・・

便器に尿石(黄ばみや黒ずみ)がついている訳でもなく、壁や床の拭き掃除もしているのに、なんだかトイレがモワッと臭っちゃうのは、もしかしたら排水管に問題があるかもです。

排水管なんて中まで見れないし、わかんないですよね。

でも、日頃からお掃除していて、目立った汚れもないのに臭うとしたらそこしかないです。

最近は節水タイプの便器が多く、少量の水で流すので排水管の中には尿石が付着しやすい傾向にあります。

しっかり汚れを流しきるほどの水量があれば、排水管に尿石は付着しにくいとは思うんですけど、男子用の小便器は特に少量の水で流すので、排水管の中には尿石が付着しやすく、臭いがキツくなったり、最悪排水管がつまってしまいます。

排水管がつまってしまったら、大惨事です。

想像したくないですよね。

写真は男子用の小便器の排水管の中の様子です。

水量が少ないので、しっかり汚れが流しきれず、尿石が付着しまくっています。

これが排水管からの臭いの元となっています。

排水管からの【不快な臭い】の原因をなくすアイテム

排水管の中までお掃除するのは一般家庭では大変だと思います。

そう簡単に分解できる訳じゃないし、排水管の中をのぞきこんでお掃除なんてとんでもなく面倒だと思います。

酸性の強い洗剤も販売されていますけど、酸性の強い洗剤を使ってみたとしても、素材を傷めて劣化を早めてしまうのであまりオススメしません。

いろいろ面倒な排水管ですけど、便器内にコロンと置いておくだけで、排水管に付着しまくっている尿石を徐々に落とし、臭いの問題もなくしてくれる【トイレパワーブロック】というアイテムがあります。

小便器の中にコロンと置いてあるのが【トイレパワーブロック】です。

緑の部分に、尿石を食べてくれるバクテリアを含んでいるので、水に触れるところに置いておくだけで尿石が除去されていきます。

便器内の尿石だけでなく、排水管の尿石も除去されていくので自然と臭いの問題もなくなっていきます。

徐々に効果が出てきて、排水管の尿石も除去され、つまりもなくなりスッキリです。

トイレの使用頻度にもよるんですけど、だいたい1〜2ヶ月ぐらいで緑の部分は溶けきってくると思います。洋式の便器にはひっかけて使うことができます。

【トイレパワーブロック】を水に触れる場所にかけておくだけで、尿石がつきにくい状態が保てるので、日頃のお掃除も短時間で終わらせられるし、かなりお掃除がラクになります。

緑の部分が水に溶けきってしまうと効果はなくなりますが、便器にかけておくか置いておくだけでトイレの悩みをカバーできるので、マメにトイレ掃除ができない人にはかなりオススメです。

ひっかけ部分はハサミで簡単に切り離せます。

小便器に使う場合は、ひっかけ部分をハサミで切っても良いと思います。

頑固な【尿石】がつきにくくなり、【不快な臭い】がしなくなる方法

また、便器内を汚れにくい状態に保つことでお掃除はかなりラクになってきます。

便器内につきやすい汚れといったら、尿石や水垢なので、酸性の洗剤でお掃除すると汚れは落とせるし、便器内を酸性に近い状態で保つことで尿石や水垢はつきにくくなります。

また、聞き慣れないかもしれませんが【ナノコロイドテクノロジー】によって作られた洗剤にも、今注目が集まっています。

【ナノコロイドテクノロジー】によって作られた洗剤には、マイナスイオンが汚れを包み込み、対象物から汚れを引き離し、対象物の表面をマイナスイオンがコートして汚れの再付着を防ぐ特徴があります。

つまり、【汚れを落としつつ、汚れをつきにくくしてくれる】ってことなんです。

目では確認できないほどのレベルなんですけど、コロイド粒子が分子レベルで汚れを包み込み剥がし取るから、簡単なすすぎで汚れを落とせるようになります。

そして、その落とされた汚れの粒子は、微生物の働きによってほぼ完全に生分解(化学物質が微生物の働きによって有機物から無機物へ分解され、最終的に水と二酸化炭素になること)され、河川や海を汚さないので、めっちゃ環境に優しいというメリットもあります。

洗浄のあとの排水が排水管の汚れも剥がし取ってくれるので、使い続けると排水管から上がってくるような嫌な臭いも出なくなってきます。

毎日のようにトイレ掃除ができない人も多いと思うので、【ナノコロイドテクノロジー 】で作られた洗剤【トイレバスクリア】と、先程紹介した【トイレパワーブロック】を組み合わせて使うと、かなり汚れにくい便器になり、排水管のつまりや臭いも予防でき、日常のトイレ掃除がめちゃくちゃラクになると思います。

ラクなトイレ掃除で、キレイを長持ちさせたいという方は、ぜひ試してみてください。

【尿石】や【臭い】の悩みは汚れをつきにくくすることで解決できる

これからますます暑くなってくると、トイレのモヤっとした不快な臭いが気になったりしてくると思います。

臭いのほとんどの原因は、尿石といった汚れです。

便器の尿石(黄ばみや黒ずみ)をしっかりと落とし、排水管までキレイにし、汚れをつきにくくすれば、トイレ掃除はかなりラクになってきます。

快適なトイレを維持することができます。

今回紹介したことをみなさんに参考にしていただいて、みなさんの悩みが解消され、暮らしが豊かになるお手伝いができたら嬉しいです。