こんにちは〜、ぞのちゃんです。

このブログを読みに来てくださった人のほとんどが、IHコンロの汚れをどうやって落とせば良いのかわからなくて、困っている人だと思います。

「ちょっと掃除しなかっただけなのに、こんなに落ちなくなるとは思わなかった・・・」

「どうやってこの汚れを落とせば良いのかわからない」

「重曹やクレンザーとかいろいろ使ってみたけど、全然落ちない・・・」

などなど、一度は汚れを落とそうとチャレンジしてみたけど、うまく行かなかった人も多いと思います。

「キレイになったIHコンロで、もう一度楽しく料理がしたい!」

そんな願いを持つ人のためにも、わたしにできる形でお手伝いしていきます。

今回は、IHコンロの汚れが落とせなくて困っている人の役に立てるように【IHコンロの油汚れやコゲを落とす方法】を紹介していきます。

IHコンロに付く汚れとは

キッチンで料理していて、付いてしまう汚れといえば【油汚れ】ですよね。

でも、写真のように、IHコンロについた茶色い汚れはほとんどが【コゲ】なんです。

料理中に飛び跳ねた油や吹きこぼれが鍋の下に入り込み、それが熱せられて、水分が蒸発して【コゲ】ができます。

この繰り返しで【コゲ】は積み重なり、なかなか落とせなくなるんです。

こんな風になってしまったIHコンロでも、キレイに汚れを落とす掃除方法を順番に紹介していきます。

まずは油汚れから落とそう

先に落としやすい油汚れから、落としていきます。

正直いって、ただの水拭きでは油汚れは完全には落としきれません。

ということは、ただの水拭きでは油汚れが残ってしまっているということなので、コゲになりやすいって訳です。

油汚れを落とすなら、中性〜アルカリ性の洗剤がオススメです。

食器を洗った後に、IHコンロも食器用洗剤でまるごと洗っちゃうって人もいるかもしれませんが、わたしはそれはあまりオススメしません。

なぜなら、食器用洗剤には界面活性剤を含むものが多く、その界面活性剤には油汚れをひっつけて汚れを落とす働きがあるからです。

つまり、掃除したところに界面活性剤の成分が残っていると、そこに油汚れが再びくっつきやすくなるってことなんです。

なので、油汚れが飛び散るキッチンの掃除には、界面活性剤を含まない洗剤をわたしはオススメします。

界面活性剤を含まない手頃な洗剤といえば、【重曹】や【セスキ炭酸ソーダ】や【アルカリ電解水】があります。

今回は、【重曹】や【セスキ炭酸ソーダ】を水に溶かして使うのが面倒だったので、【アルカリ電解水】を使った掃除を紹介します。

①汚れた部分に【アルカリ電解水】を吹きかけて、1〜2分ほったらかします。

原液なままスプレーしても良いし、重曹やセスキ炭酸ソーダよりもずっと洗浄力が高いので、水で5倍に希釈して使っても良いです。

②マイクロファイバークロスで拭き取ります。

ただのクロスで拭き取るよりも、超極細繊維でできたマイクロファイバークロスの方が、汚れをくまなく絡み取るので、マイクロファイバークロスを使った方が良いと思います。

【アルカリ電解水】でここまで油汚れが落ちました。

【アルカリ電解水】には汚れに反応すると水に戻る性質があるので、拭き上がりもサラサラとしています。

あと残った茶色い汚れは【油汚れ】ではなく【コゲ】なので、違う落とし方で落としていきます。

軽いコゲを落とす方法

IHコンロに付いた【コゲ】は油汚れと同じような方法ではなかなか落とせません。

料理中に飛び跳ねた油や吹きこぼれが鍋の下に入り込み、それが熱せられて、水分が蒸発して、この繰り返しでできてしまったコゲはしぶといです。

でも、軽いコゲなら、コゲの部分に重曹をふりかけて、少し水を垂らしてラップでクルクルこすっていたら落ちていきます。

クレンザーでも楽に落とせます。

けど、もっと重度なコゲにはさらに次の方法がオススメです。

さらに頑固なコゲを落とす方法

さらに頑固なコゲを落とすには、細かな研磨剤を含んだ洗剤が効果的です。

研磨剤を含む洗剤として【ミズアカクリア】という商品があるので、そちらを使ったコゲの落とし方を紹介します。

①研磨剤入りの洗剤は、研磨剤が容器の下に溜まってしまっていることがあるので、よく容器を振ってから使います。

②スポンジを水に濡らし、洗剤を10円玉ぐらいスポンジに垂らして、クルクルとコゲの部分をこすっていきます。

だんだん、スポンジの滑りがスムーズになってくるので、それがコゲが落ちてきている証拠です。

ちなみに、研磨剤入りのクリーナーは、力を入れすぎると傷が入ってしまうので、力で落とそうとはせず、【優しくこする】を繰り返して落としていった方が失敗しないです。

もし、「研磨剤入りの洗剤は傷が付くかもしれないな〜」と心配な人は、端っこで試しにこすってほんとに大丈夫か確認してみると良いですよ。

③最後はマイクロファイバークロスで拭き取って、終了です。

この方法で、

「今まで使っていた洗剤の5分の1ぐらいの時間、5分もかからないぐらいでキレイになったよ!」

という【ミズアカクリア】のユーザーさんもいらっしゃいます。

キレイになると、料理をさらに楽しめるようになりますよね。

今回、コゲ落としに使用した【ミズアカクリア】はAmazonで購入できます。

IHコンロの落ちないコゲにお悩みの人は、ぜひ試してみてください。

また、セットになっているスポンジも特殊で、研磨剤がわずかですが含まれているので、よりコゲ落としに効果的ですよ。

またコゲに悩まされないためには予防が大切

今回紹介した方法でIHコンロがキレイになったとしても、また焦げ付いてしまうのは勘弁ですよね。

そのためには、コゲが付かないように予防すると良いです。

コゲを防ぐ方法はめちゃくちゃ簡単です。

【料理をしたあと、油汚れをしっかり拭き取る】

これだけです。

拭き取る方法は、時間がないときは洗剤を使わない水拭きでも良いし、時間があるときは【重曹】や【セスキ炭酸ソーダ】や【アルカリ電解水】を使った拭き掃除が良いです。

気をつけるのは、界面活性剤を含む洗剤で掃除をしたときは、界面活性剤の成分がそこに残らないようにしっかり水ですすいだり、水拭きを多めにしてください。

界面活性剤には油汚れをひっつけて汚れを落とす働きがあるので、界面活性剤が残っていると、また汚れやすくなるのでお気をつけください。

油汚れが付きにくい状態を保つことで、掃除は楽になりますよ。

マメな拭き掃除が将来的に掃除を楽にさせる

落としにくくなった頑固な汚れと時間をかけて格闘するぐらいなら、マメに簡単な拭き掃除をして、気持ちよく料理できた方が幸せに暮らせると思います。

それに、日頃から簡単な拭き掃除をしておくことで、汚れても早い段階で落とせるので、掃除が楽になります。

汚れは積み重ねると落としにくくなって苦労することになるけど、掃除は積み重ねることによって要領が掴めて、短時間で掃除が済むようにもなります。

IHコンロの落ちないコゲに悩んでいる人は、まずは今回紹介した方法でIHコンロのコゲを落としてみてください。

そして、キレイになったあとは、そのキレイが長く続くように簡単な拭き掃除を続けてみてください。

今回のブログが、IHコンロの落ちないコゲに悩まされている人の役に立つと嬉しいです。

こういった感じで、落ちない汚れに悩む人が少なくなるように、キレイが続く掃除方法をより多くの人に知ってもらえるように、これからもブログを書き続けていくので、どうぞよろしくお願いします。