こんにちは〜、ぞのちゃんです。

夏になり暑くなってくると、食材の傷みが早くなったり、食中毒が流行りだすので、食虫毒にかからないように注意が必要になってきますよね。

食材が傷まないように、冷蔵庫に早めに入れたとしても、冷蔵庫内が清潔で雑菌が繁殖しにくい状態にしていなくては、意味がありません。

「面倒だから水拭きでいいかな〜」

「うちはアルコールを使って拭き掃除してるから大丈夫」

って思っている人も多いと思います。

でも、ただの水拭きでは汚れは落としきれず、除菌は全くできていません。

それに、汚れを落としてからじゃないとアルコールを吹きかけたって除菌の効果はないので、まずはしっかり汚れを落とすことが大事です。

しっかりとした除菌で健康的な暮らしをおくれるように、今回は誰にでもすぐできる、かんたんな【冷蔵庫を清潔に保つ掃除方法】を紹介していきます。

重曹水を使った冷蔵庫の掃除方法

よく耳にする重曹水での拭き掃除も、冷蔵庫内を清潔にするには効果的です。

その重曹なんですけど、水に溶けにくい性質があるので、重曹がしっかり水に溶ける量で重曹水を作らないと後から後悔することになります。

なぜなら、重曹が溶けきれていない重曹水で拭き掃除をした場合、水分が蒸発して乾燥したときに重曹が白い結晶のように浮き出てしまうからです。

重曹水の作り方としては、水200mlに対して重曹小さじ1〜2杯の量を溶かすのが良いです。

重曹水を冷蔵庫内に吹きかけて、もしくは重曹水をクロスに含ませて拭き掃除をした後は、【除菌】です。

重曹には除菌効果があるとか言いますけど、正直いってさほど効果はないです。

なので、重曹でキレイにしたとしても、別に除菌用のアルコールを準備し、除菌した方が良いです。

重曹と水を測って重曹水を作って拭き掃除して、次にアルコールで除菌するとか、やる事多すぎて時間も手間もかかり大変な気もします。

一生懸命時間をかけてキレイにし、家族の健康を想って除菌まですることはめちゃくちゃ良いことだと思います。

でも、どうせなら時間をかけずに、さっさと全てを終わらせたくないですか?

冷蔵庫内の掃除の手順として、冷蔵庫内の食材を全部取り出してから掃除すると思いますけど、長く外に出しておくと食材が傷みやすくもなります。

そうならないためにも、時間と手間をかけない【時短掃除】の仕方も紹介しておきます。

洗浄と除菌もできるクリーナーを使えば【時短掃除】が可能

手軽に使えて掃除に役立つ重曹水ですけど、重曹水では除菌の効果は中途半端です。

しかし、重曹よりpH値が高い【アルカリ電解水】なら、油汚れや手垢汚れも落とせるし、除菌・消臭効果も抜群です。

一般的な【アルカリ電解水】はpH値が12.5〜13.1と言われています。

この数値が高いほど除菌・消臭効果が高いと言われています。

【アルカリ電解水】なら、汚れも落とせるし、除菌・消臭もできるのでたった1つのアイテムで【時短掃除】ができちゃうって訳なんです。

また、【アルカリ電解水】は水を特殊な方法で電気分解して作られたものなので、界面活性剤を一切含みません。

界面活性剤を含む洗剤には泡立つ性質がありますが、界面活性剤を含まないということは泡立たないので何度も水ですすぐ必要もないので、短時間で汚れをキレイに拭き取ることができるってことです。

【アルカリ電解水】だけでこんなに楽な掃除ができると、時間に余裕も生まれてきます。

掃除を楽しつつ、浮いた時間で好きなこともやってしまう。

これが【時短掃除】の醍醐味のように思います。

【アルカリ電解水】を使った掃除の仕方

アルカリ電解水といっても様々な物がありますが、今回は【クリアシュシュ】という名の商品を使った冷蔵庫内の掃除の仕方を紹介していきます。

用意するもの

・クーラーボックス
・アルカリ電解水【クリアシュシュ】
・マイクロファイバークロス

①まずは、冷蔵庫内の食材を外に取り出します。

クーラーボックスがあれば、クーラーボックスに食材を移したほうが食材の傷みも早まらないので良いですよね。

②【クリアシュシュ】を冷蔵庫内に直接スプレーして拭き取るか、マイクロファイバークロスに【クリアシュシュ】を含ませたもので拭き取ります。

【クリアシュシュ】には優れた除菌効果があります。

大腸菌や腸炎ビブリオは【クリアシュシュ】を吹きかけて30秒後にはほぼなくなり、

サルモネラは5分後に、

O−157は15分後には、ほぼなくなる試験結果も出ています。

また、この【クリアシュシュ】に限らず、アルカリ電解水には汚れに反応したら水に戻る性質があるので、口に入れるものを保管する冷蔵庫の掃除にも安心して使うことができます。

冷蔵庫内だけでなく、冷蔵庫の扉も開け閉めによってたくさんの手垢や雑菌がビッシリ付いています。

冷蔵庫の扉もただの水拭きではなくて、汚れを一度拭き取った後、もう一度【クリアシュシュ 】を吹きかけて拭き取るか、【クリアシュシュ】を含ませたクロスで拭けば除菌ができます。

オススメのアルカリ電解水【クリアシュシュ】はAmazonで購入できます。

気になる人はどうぞのぞいてみてください。

雑菌の繁殖を抑えるには除菌されたもので拭き掃除を

ただ、アルカリ電解水の優れた性質だけでは効果な除菌ができない場合もあります。

それは、どんなもので拭き取るのかが大きく関係してきます。

除菌効果が高いクリーナーで冷蔵庫内を除菌しようとしても、拭き取るときに使うクロスが雑菌まみれのものだと、冷蔵庫内の雑菌を取り除くことは難しくなります。

キッチンで普段使っている台拭きには雑菌が繁殖しやすいです。

台拭きの雑菌についてのブログは下記をご覧になってください。

食中毒予防を先取り!いろんな除菌の仕方を紹介

こまめに除菌されている台拭きなら心配いりませんが、除菌されていない台拭きで冷蔵庫内も水拭きしていては、除菌できないばかりか、雑菌はさらに広がることになります。

冷蔵庫内の拭き掃除をするときは、雑菌を含まない清潔なマイクロファイバークロスを準備して、汚れたら清潔なマイクロファイバークロスに取り替えるようにしてください。

これで、冷蔵庫は清潔に保たれ、冷蔵庫内の雑菌が原因で食中毒にかかる確率は低くなります。

健康的な暮らしを送るためにも【除菌】してみましょう

食中毒にかかってしまうと、トイレから離れられなくなったり、熱がなかなか下がらなかったり、学校にも会社にも行けなくなったり、良いことなんてまったくありません。

逆に、周りに迷惑をかけてしまうことの方が多いです。

食中毒を未然に防ぐには、【除菌】が大切です。

夏は、食中毒が発生しやすい条件がそろってしまいがちです。

冷蔵庫だけでなく、まな板や調理器具も除菌することで、食中毒を未然に防ぐことができます。

健康維持のためにも、大切な家族との暮らしに、ぜひ【除菌】を取り入れてみてください。

このブログが、家族の健康を願い、家族の幸せを大切にしたいと思う人の役に立ったら嬉しいです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。