こんにちは、ぞのちゃんです。

室内でも土足で歩き回る床は、けっこう汚れやすいです。

なぜかというと、砂を室内に持ち込んだり、その持ち込まれた砂によって床に傷がついてしまい、その傷に汚れが深く入り込んだりするからです。

写真の床は、ある土足オッケーな事務所の床ですが、傷がいっぱいついてしまい、汚れが深く入り込んでいます。

ここまで汚れてしまう前に、毎日モップで拭き掃除をしたり、一生懸命洗剤で床を磨いていたとしても、思うように黒ずんだ汚れを落とせなくて悩んでいる人も多いと思います。

今回は、【黒ずんだ床を、手間をかけずにキレイにする方法】と【床の汚れを防ぐ方法】を紹介していきます。

難しくないので、きっとチャレンジしやすいし、快適な空間で気持ち良く過ごせるようになると思います。

最後まで読んでみて、自分でもできそうだな〜って思った人は、ぜひチャレンジしてみてください。

土足で黒ずんでしまった床をキレイにする方法

黒ずんだ床に悩む人は、これまで様々な洗剤を使ったり、様々な道具を使ってどうにか汚れを落とそうと頑張ってきたと思います。

でも、何をやっても落とせないと、諦めてしまう結果になってしまっているのではないでしょうか。

多分、この記事を読んでくださっている人は、黒ずんだ床に悩まされている人ばかりだと思います。

そんな方々の悩みを解消する方法をお伝えしていきます。

黒ずんだ床をキレイにする手順

①ある程度、回収できる土砂や汚れをホウキで集めて捨てておきます。

このあとに洗剤を撒きますが、洗剤が一番落としたい汚れに反応しやすいように、余計なものは取り除いた方が、効率良く掃除できます。

②黒ずみが気になる部分に【アルカリ電解水】を吹きかけ、しばらく時間をおき、スポンジでこすっていきます。

なぜ、しばらく時間をおくのかというと、汚れに【アルカリ電解水】がしっかり反応するように時間をおいた方が、汚れが落としやすくなるからです。

また、【アルカリ電解水】には界面活性剤が含まれていないので、界面活性剤の働きによって油汚れが再び付きやすくなる現象を抑えることができます。

界面活性剤を含む洗剤って油汚れと仲良しで、界面活性剤が掃除したところに残っていると油汚れがそこに引き寄せられて、また汚れやすくなってしまうんです。

なので、界面活性剤を含まない【アルカリ電解水】を使った掃除がオススメです。

③ある程度こすったら、マイクロファイバークロスで拭き取ります。

【アルカリ電解水】は泡立つことなく、しっかりと汚れを落とせるうえに、汚れに反応すると水に戻る性能があります。

なので、水を流して洗い流す必要もなく、拭き取るだけで掃除は終わります。

水ですすぐ手間を省きつつ、周りを水浸しにするようなこともありません。

オススメの【アルカリ電解水】はこちらです。

今回はスポンジを使って手でこすっていますが、スプレーモップのタンクに中に【アルカリ電解水】を入れてスプレーしながらモップがけをしていく手もあります。

土足厳禁な床より、土足オッケーな床ははるかに汚れやすく、傷もつきやすいです。

土足オッケーな床の掃除には、スプレーモップも頑丈なものが良いと思います。

汚れをよく落とす洗剤を使っているからって、ただササ〜っとモップでなでるように拭くだけでは、効果的な拭き掃除にはなりません。

しっかりとモップに体重をかけ、

モップも汚れがたくさんついてきた場合は、ブラシでモップに付いた汚れを落としたり、

キレイなモップに取り替えた方が、より汚れは落としやすくなります。

土足の床でも効果的な拭き掃除ができる頑丈なスプレーモップはこちらです。

様々なモップがありますが、モップ部分が超極細のマイクロファイバーになっている方が、深いところに入り込んだ汚れも掻き出してくれるので、モップはマイクロファイバー推しです。

カーペットも土足で汚れているので掃除が必要

最近はカーペットでも土足オッケーなところが増えています。

もちろんですが、カーペットも汚れを含んで汚れやすいです。

何度も踏まれて汚れを含んだカーペットはペシャンコになっていて、濁った色をしています。

カーペットを洗浄したあとに回収した汚水はこんなにも黒く濁っています。

洗浄されたカーペットは色が鮮やかになり、毛が立っていてフカフカと触り心地が最高です。

正直いって、カーペットを洗うのは大変です。

やり方によっては、掃除した後に汚れが浮き出てきてしまうことだってあります。

なので、カーペットの掃除は専門の業者に頼んだ方が間違いないです。


土足オッケーなところは汚れにくい環境に整えれば大丈夫

フローリングにせよ、カーペットにせよ、土足で出入りしたり歩き回るところは、土足によって中に持ち込まれた土砂で汚れやすいです。

でも、出入り口にマットを敷くことで、土砂を中に持ち込ませずに済み、汚れにくくさせることだって可能です。

といっても、マットにも汚れを回収するには限界があるので、マットのクリーニングも必要になってきます。

マットを定期的にクリーニングすることは、汚れを中に持ち込みにくくなるということでもあるので、汚れにくい環境が作れるようにもなります。

床の掃除に費用をかけられず、業者に頼めない場合は、出入り口にマットを敷きつつ、

・汚れを寄せ付けにくいモップでの拭き掃除を増やす

・土足をやめて、清潔なスリッパに履き替える

こういったことを意識して行動してみると、床は汚れにくくなります。

ほかにも方法はあると思いますが、ハードルが低くてすぐにでもできることといったらこれぐらいな気がします。

この記事が、床の落ちない汚れに困っている人の参考になると嬉しいです。

今回はここまでにしておきます。

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。