こんにちは〜、ぞのちゃんです。

トイレの手洗い器って意外と掃除できていないご家庭が多いようです。

トイレといったら、便器の汚れに悩む人が大多数だと思われがちですが、意外とトイレの手洗い器の汚れの落とし方がわからずに困っている人も多いみたいで、よく相談も受けています。

気づいたら手洗い器がザラザラしていたり、水垢で色がちょっとグレーっぽくなっていたり・・・

別に汚れていても支障はないので、見て見ぬ振りを繰り返す人もいるようですけど、放置していると汚れはどんどん積み重なり、ガッチガチに落としにくくなってしまいます。

でも、落としにくくなった水垢も掃除のプロが使っているアイテムでスッキリピカピカにすることができちゃうんですよ。

ということで、今回はわたしたち清掃のプロも使っているアイテムの中から、一般の人でも使いやすいアイテムをご紹介します。

めっちゃ使いやすくて、うちの会社で販売している商品の中でもダントツに売れています。

ということは、落ちない水垢に悩んでいる人がめちゃくちゃいるということなんですよね。

この記事を読めば、きっとあなたの【水回りの水垢の悩み】が解消されるので、ぜひ読んでみてください。

水回りの見て見ぬ振りをしていた水垢はやはり手強い!

トイレに入る度に目につく、悩ましい手洗い器の黒い水垢。

長年見て見ぬ振りを繰り返したせいなのか、こんなにもガッチガチで頑固な水垢になってしまっています。

トイレでは衣類の着脱で繊維だったりホコリが舞いやすく、水垢の上にホコリ、さらにその上に水垢、さらにその上にホコリといった感じで、この繰り返しによって黒い水垢は落としにくくなっていきます。

写真を見て「こんなに汚れるなんて信じられない!」って思う人もいるかと思いますけど、人それぞれ生活環境が違うし、なかなか掃除できない人だっています。

それに、なかなか落としにくい汚れに出会ってしまったら、掃除する気も激減しちゃうのもめっちゃわかります。

でも、そこにめちゃくちゃ便利な掃除アイテムが登場したら、やる気が出てきて掃除しちゃいますよね。

掃除しない理由の一つに、【やっても落ちないから放置】ってあると思います。

やっても無理なのわかってたら、普通やらないですよね。

でも、やれば成功するってわかってたらチャレンジしたくなりますよね。

水回りの水垢を見事に落とす【パミスティック】の紹介

その水垢落としを成功させるアイテムの一つに【パミスティック】があります。

掃除が苦手な人でも簡単に使えます。

わたしたちが清掃の現場でも使っているアイテムの一つ【パミスティック】をうまく使えば、プロがやったようなピカピカに輝く手洗い器によみがえらせることができます。

ただし、注意する点が2つあるので気をつけてください。

注意点

・陶器やタイル以外には使わない!
・必ず水に濡らしながら使用する!

【パミスティック】には不向きな素材もあります。

手洗い器の蛇口部分は【パミスティック】でこするとキズが付いてしまうので使用できません。

プラスチック、ステンレス、貴金属、表面加工をされている物に使うとキズが付いてしまうので、掃除しようとしている素材が何なのかをしっかり確認するようにしてください。

【パミスティック】は陶器やタイルより柔らかく、水垢や尿石より硬い素材ですが、使うときは水に濡らしながらじゃないと素材にキズがついてしまいます。

なので、素材が陶器やタイルなのかを確認し、水に濡らしながら使用するようにしてください。

陶器の手洗い器の水垢を落とす方法

【パミスティック】を使った水垢の落とし方を順に紹介していきます。

必ず、素材が陶器かタイルのものに使うようにしてください。

①パミスティックを水で濡らしながら、常に濡れている状態でこすっていきます。

キズがつかないか心配な場合は、手洗い器そのものをさらに濡らしながらすると良いと思います。

②水に濡らしながらグルグルグルグルこすっていきます。

【パミスティック】が削れなくなってきたら水垢が落ちてきた証拠です。

この場合、【パミスティック】は水垢にだけ反応するので、水垢がすでに落ちているところで無駄に削られていくようなこともないです。

③水が出てくる蛇口周辺はこすりにくいので、タンクの中でつながっているホースの部分と蛇口部分を外してみるとお掃除しやすくなります。

ただし、タンクの中にポッチャ〜ンっと部品を落とさないように気をつけてくださいね。

(リアルに落としてしまい、ちょっと焦りました。笑)

④最後は水で洗い流し、水分を柔らかい布やクロスで拭き取ります。

こんなにピッカピカです!!!

削っていくうちにグレーの粉が出てきて、

「これって水で流して大丈夫なの?」

って思う人もいると思いますけど、【パミスティック】は天然素材なので、水に流しても環境に害を与えることはないです。

水分をしっかり拭き取ることで、水垢の再付着を予防することができるので、水分を拭き取る習慣をぜひ身につけるようにしてください。

すると、掃除の頻度を減らすこともできるし、落としにくい水垢に悩まされることがなくなりますよ。

水回りの水垢が落とせると他の汚れが目立ちます

【パミスティック】で掃除後、外していた蛇口を取り付けたら、陶器の部分が新品みたいにピカピカになりすぎて、蛇口の汚れが目立ってしまいました。笑

こうなると、蛇口部分もキレイにしたくなっちゃいますよね。

蛇口部分のお掃除には洗剤を含むスチールたわし【ニュースクランブル】がオススメです!

この【ニュースクランブル】も水で濡らしながら、泡立てながら、汚れた部分をこすって使います。

写真は手洗い器の下の配管ですけど、サビや水垢で汚れています。

そんな配管も【ニュースクランブル】でこんなにピッカピカのツルッツルになります。

こちらも、特にプロのような技術は必要なく、楽に使えてサビや水垢を落とすのにかなり役立ちます。

気になる人はAmazonからのぞいてみてください。

水回りの水垢をキレイに落とせたらその快適さが続くようにしましょう

水回りの汚れは、掃除しなさすぎると落とすのも大変になってきます。

でも、汚れに合った掃除アイテムを使えばキレイになるし、

キレイになったあとも、ちょっとした拭き掃除をするようになれば、繰り返し落としにくい汚れに悩まされることも少なくなって快適に暮らせると思います。

ぜひ、水回りの掃除アイテムをうまく使い分けて、キズのないピッカピカなトイレで快適さを味わっていただきたいな〜と思います。

これからもみなさんの暮らしに役立つアイテムやお掃除ネタを紹介していきますので、どうぞよろしくお願いします。