こんにちは、

今年の夏も猛暑すぎてエアコンにかなり助けられた、ぞのちゃんです。

夏に毎日エアコンを使っていれば、エアコンの内部は相当汚れるし、何年もエアコンクリーニングをしていないエアコンだと、見てられないぐらいめちゃくちゃスゴイことになっています。

不快な臭いだってしてくることもあります。

でも、暑い夏が過ぎ、しばらくエアコンを使わなくなる時期はエアコンクリーニングに最も適した時期になり、エアコンクリーニングするならこれからの季節が狙い目です。

エアコンクリーニング業者もだいぶ落ち着いてくるので、予約も希望に近い日程で取りやすくなると思いますよ。

エアコンクリーニングの適正頻度は年に1〜2回です。

今シーズンはエアコンに何も問題が起こらなくても、エアコンの汚れをほったらかしにしておいたことが原因で、次にエアコンを使いたい季節には問題が発生してしまうかもしれません。

早めのエアコンクリーニングで、快適な暮らしを送っていただけると嬉しいです。

【エアコンクリーニング】は春の4月、秋の10月が狙い目

エアコンクリーニングの適正頻度は年に1〜2回ですが、その中でも春の4月や秋の10月にするのがオススメです。

なぜかというと、めちゃくちゃエアコンを使いまくった季節のあとなので、エアコンは相当汚れているからです。

フィルターにはホコリがびっしり張り付き、部分的にはカビも発生しています。

エアコンの内部も、カビやホコリで大変なことになっています。

季節的に当分エアコンは使わなくなるから、使う前にクリーニングでも良くない?って思われるかもですけど、汚れを溜め込んでいるうちに、さらにカビは繁殖しやすくもなります。

毎年ですが、エアコンを使う時期になってからエアコンクリーニングの依頼は急に増え出します。

「エアコンの効きが悪い」とか、

「エアコンから変な臭いがしてくる」とか、

問題が発生してからクリーニングを依頼する人もいますけど、エアコンのクリーニングを依頼しようとするタイミングがみんな一緒だと、順番待ちになってしまうこともあります。

なので、比較的エアコンを使わなくなってくる季節に、エアコンクリーニングを済ませておくことがお得です。

隠されたエアコン内部には体に害があるものも・・・

エアコンを付けた途端、くしゃみが止まらなくなったり、鼻水がジュルッと出だしたり、目がかゆくなっちゃう人もいます。

その原因は、エアコンの内部のカビなどの菌やホコリに問題があるようです。

エアコンからのカビなどの菌やホコリを吸い込んでしまい、呼吸器系の疾患、特に気管支や肺を刺激されてそういった症状が出てしまうんです。

エアコンの内部をクリーニングせずに、そのまま次のシーズンも、さらに次のシーズンも使い続けていると、エアコンフィルターにはホコリやカビがハンパなく付きます。

そして、フィルターを外したときに見えてくるエアコンの内部には、予想をはるかに超えるホコリやカビでいっぱいです。

巷では、お掃除機能付きエアコンが人気あったりですが、正直言って、お掃除機能付きと言っても、エアコンのすべての掃除をしなくても良くなるエアコンな訳ではないです。

すでに、お掃除機能付きエアコンを使われている人はお気づきかと思いますけど、お掃除機能付きエアコンでもエアコン業者さんといったプロの技術でクリーニングする必要ってありますよね。

しかも、お掃除機能付きエアコンはクリーニング費用も高いです。

お掃除機能付きって言っても、フィルターを自動で洗浄する機能が付いているだけで、内部のカビやホコリまではキレイにしてくれません。

なので、お掃除機能付きエアコンもやっぱり人の手でクリーニングしないといけないんです。

自動でフィルターがキレイになるのはそれはそれで良いかもですけど、それだけでは体に害を与えるカビなどの菌やホコリをすべてなくすことはできません。

また、エアコンの内部のカビなどの菌は普通に水拭きしたぐらいではなくならず、繁殖を繰り返します。

エアコンの内部までキレイになるエアコンクリーニンブはプロに任せましょう。

【エアコンクリーニング】は早めにやっておいた方が得をする

毎年いろんなお客さんを対応して思うんですけど、

エアコンクリーニングって絶対頻繁に使う時期が終わった頃にやっておいた方が良いです。

なぜかというと、前にも書きましたけど、鬼のように使ったあとのエアコンはホコリやカビなどの菌がハンパないです。

そんなエアコンをクリーニングせずに放置し、エアコンを動かしたいときにいざ動かそうとしても、効きが悪かったり、変な臭いが気になったりして、めちゃくちゃエアコンを使いたいときにエアコンを使えなかったりします。

多くの人が、エアコンを必要とする時期に困り出してからエアコンクリーニング業者に頼るようにもなるので、順番待ちになり、順番が回ってくるまでエアコンを使えない不自由な生活を我慢しながら送らなくてはなりません。

エアコンが使えない不自由な生活になってしまうのを未然に防ぐためにも、次にエアコンを使う季節に向けて、前もってエアコンクリーニングってしておくと良いです。

エアコンを頻繁に使わない時期は、エアコンクリーニングの予約も比較的取りやすく、長く待たされることもなく、希望の日時に近いとこで予約できるメリットもありますよ。


エアコンフィルターの掃除ならプロじゃなくてもできる

エアコンクリーニングはプロに任せるのが安心できて一番良いと思いますが、フィルターの掃除ならプロじゃなくてもできるし、

フィルターのホコリを取るだけでも、エアコンの効きが良くなったり、快適な風を感じられるようにもなります。

エアコンフィルターの掃除は、月に1〜2度程度で良いと思います。

何年もエアコンの内部をクリーニングしていない場合は別ですけど、フィルターのホコリを取るだけでも全然風の受け方は違ってきます。

そんなフィルターのホコリって誰にでも簡単に取り除くことができます。

フィルターを外す前から、ある程度のホコリは掃除機で吸い取り、

ゆっくりフィルターを取り外し、

掃除機を当てた逆の裏面からシャワーでジャーっとホコリを洗い流すだけです。

これで、フィルターのホコリはキレイに落とすことができます。

最後は、しっかりと水分を拭き取り、乾燥させてから本体に取り付けなおします。

これならラクですよね。

フィルターにはホコリがたまりやすいですけど、落とすのはめちゃくちゃラクです。

気づいたときにでも、フィルターのホコリ取りやってみてください。

健康的な暮らしに【エアコンクリーニング】は欠かせない

この記事をここまで読んでくださった方の中には、

「今すぐエアコンクリーニングを依頼しよう!」

って思った人もいるかもしれません。

けど、焦ることはありません。

エアコンを頻繁に使わなくなる時期、春の4月や秋の10月ぐらいがエアコンクリーニングの一番の狙い目です。

住んでいる場所の気候によっては、5月か11月ぐらいでも良さそうなところもあると思います。

エアコンクリーニング業者の予約も取りやすくなっている時期でもあるし、この時期にエアコンクリーニングができていれば、次にエアコンを頻繁に使う季節に、何の問題もなく安心して気持ちよくエアコンを使うことができます。

なかなか確認しにくいエアコンの内部には、カビなどの菌やホコリもたんまり潜んでいるので、健康的な暮らしのためにも、ぜひ早めのエアコンクリーニングを試してみてください。