こんにちは!

日に日にタイピングが早くなっているようなそうでもないような、ぞのちゃんです。

突然ですが、みなさんは【トイレマット敷く派】ですか?

それとも【トイレマット敷かない派】ですか?

そもそも、【トイレマット】ってトイレに必要なのでしょうか?

謎です。

わたしは長年、トイレマットは敷かないで暮らしていますが、実はまったく不便を感じたことがありません。

今回は、トイレマットを敷くべきか、敷かないべきか悩んでいる人に参考にしてもらえると良いな〜と思いながら、トイレマットについて熱く語ろうと思います。

トイレマットを敷くメリット

床に飛び散ったおしっこを目立たなくさせることができる

トイレマットを敷いている人の意見として、床が汚れにくくなるからトイレマットを敷いているって人も多いと思います。

確かにその通りです。

トイレマットが、便器周辺に飛び散ったおしっこや水を流すときの飛沫を吸収してくれるからです。

なので、トイレマットの存在によって、周囲に飛び散りを目立たなくすることができます。

ただ、どこに汚れが飛んだかわからなくなる恐れが十分にありますが、汚れを隠ぺいするにはもってこいですよね。

床が汚れにくくなる

前述とちょっとかぶりますけど、トイレマットを敷くことで、トイレマットがおしっこや水を流したときの飛沫などを吸収してくれるので、トイレマットを敷いている部分の床は汚れません。

床が汚れない部分があるということは、拭き掃除が必要な床の面積が狭くなるので拭き掃除が楽になります。

が、トイレマットは確実に汚れていっています。

定期的にトイレマットも洗濯して、汚れや雑菌も落としつつ、臭いもしっかり取るようにした方が良いですよね。

また、小さいお子さんがいる家庭では、トイレマットを敷いているところも多いと思います。

なぜなら、小さいお子さんはまだ上手にトイレができないので、便器の周りを汚してしまいがちだからです。

トイレマットで汚れを吸収できますが、小さいお子さんがいる家庭ほど、トイレマットを洗濯する頻度は多くした方が良さそうですよね。

トイレマットを敷かないメリット

床の拭き掃除が楽になる

わたしがトイレマットを敷かない一番の理由はこれです。

トイレマットがあると、トイレ全体の床の拭き掃除がしにくいです。

なぜかというと、トイレマットを移動させるのがめんどくさいし、汚れたトイレマットを触るのに抵抗があります。

床の拭き掃除はちゃちゃっと済ませたいし、効率よく拭き掃除するためにも、トイレマットがない方が全体の拭き掃除がしやすいです。

トイレマットを敷くと、周辺に飛び散った汚れをトイレマットが吸収してくれますが、トイレマットを敷いていない場合はダイレクトに床が汚れていきます。

そのため、汚れに気づきやすくなり、汚れたらすぐに拭き掃除ができます。

汚した本人も、拭き掃除しやすければ汚れたままにせず、せめて拭き取るようになると思います。

すぐに拭き掃除がしやすいことによって、トイレの臭いを防げたり、汚れが落ちにくくなる心配もなくなりますよ。

トイレマットの取り替えや洗濯の手間を省ける

トイレマットを敷いていると、トイレマットが汚れを吸収してくれます。

と言っても、トイレマットを敷きっぱなしもトイレマットは汚れる一方なので、洗濯が必要になります。

臭いが気になってから洗濯するっていうものヤバイと思います。

なぜなら、トイレマットはかなり雑菌も含んでしまっているからです。

だからと言って、そのトイレマットの洗濯をこまめにするのも結構めんどくさかったりします。

だって、ほかの衣類と一緒に洗濯機に入れて洗濯機を回すなんて、なんだか衛生的にどうかありますよね。

なので、トイレマットだけで洗濯することになり、超絶めんどくさいです。

実際、トイレマットだけで洗濯機を回す家庭も多いと思います。

わたしもトイレマットを洗濯するなら、絶対衣類とは一緒に洗濯しません。

こういった手間がめんどくさいと思う人は、トイレマットは敷かない方が良いですよね。

どっちにしろ、床に汚れは飛び散ります

トイレマットを敷いても、敷かなくても、おしっこや水を流したときの飛沫は便器の周囲に飛び散ります。

なので、トイレマットを敷いたとしても、トイレマットの洗濯は必要だし、トイレマットを敷いていなくても、床の拭き掃除は必要です。

じゃないと、トイレマットにも床にも残された汚れは臭いを放ち続け、雑菌が繁殖して不衛生です。

毎日絶対にやるべき!とは言いませんけど、週に一度はトイレマットを洗濯したり、床の拭き掃除をしてみると、臭いを防げたり、雑菌に悩まされない清潔なトイレに近づきますよ。

トイレの床の拭き掃除の仕方

便器の周辺に飛び散ったおしっこや水を流したときに飛び散る飛沫の性質を考えると、酸性に近い洗剤を使った拭き掃除がオススメです。

めちゃくちゃ強い酸性洗剤だと素材を傷めてしまい、劣化を早めてしまう恐れがあるので、弱酸性の洗剤やクエン酸水(水200mlに対してクエン酸小さじ1)を含ませたマイクロファイバークロスで拭き取るか、直接床にスプレーしてマイクロファイバークロスで拭き取ると良いです。

仕上げとして、除菌効果の高い除菌水やアルカリ電解水を含ませたマイクロファイバークロスで拭き上げると、より清潔な床になります。

くれぐれも気をつけてほしいのが、【汚れ】と【雑菌】は別物ってことです。

除菌効果の高い除菌水やアルカリ電解水だけでは、トイレ内に飛び散った汚れをしっかり落とすことはできません。

なので、汚れと雑菌は別物だと考えて、まずは汚れを取り、それから除菌した方が良いですよね。

また、水に流せるタイプのお掃除シートってありますけど、あれはトイレに流しすぎるとトイレの排水管の詰まりの原因になるので控えるようにしてください。

流せるお掃除シートはトイレットペーパーのように水に溶けるのではなく、水の中で繊維が分解するだけなので、流す水の量が少なかったりすると、排水管に繊維が残ってしまい詰まる原因になることも考えられます。

なので、水に流せるタイプのお掃除シートであっても、ゴミ箱に捨てるようにしてくださいね。

あと、トイレマットと床の間って、湿気がこもりやすいのでカビも発生しやすいです。

トイレマットを敷いている部分も拭き掃除をし、しっかり乾燥させると良いですよ。

トイレ掃除に効果的な弱酸性洗剤のオススメはこちらです⬇︎

【ナノコロイドテクノロジー】によって作られた洗剤【トイレバスクリア】には、マイナスイオンが汚れを包み込み、対象物から汚れを引き離し、対象物の表面をマイナスイオンがコートして汚れの再付着を防ぐ特徴があります。

落とされた汚れの粒子は、微生物の働きによってほぼ完全に生分解(化学物質が微生物の働きによって有機物から無機物へ分解され、最終的に水と二酸化炭素になること)され、河川や海を汚さないので、環境に優しいというメリットもありますよ。

トイレマットは敷いても敷かなくてもどっちでも良いです

ここまで書いといて、結局どっちが良いのか答えを出さないなんて無責任!って思われる人もいるかもしれませんが、自分の暮らしに合った方を選べば良いと思います。

しばらく試してみて、自分の暮らしに合っていないなら元に戻せば良いし、暮らしに合っていると思ったらそのまま続けてみると良いと思います。

人それぞれ家族構成は違うし、掃除のしやすさを重視するのか、汚れの目立たなさを重視するのか、あなたの暮らしに合った方を選べば良いんです。

トイレマットを敷くことのメリットとデメリットをしっかり把握して、うまく暮らしに取り入れれば理想のトイレに近くはずです。

この記事を参考に、トイレマットを敷くのか敷かないのか、ぜひ考えてみてください。

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。