こんにちは、ぞのちゃんです。

わたしは掃除の会社で働いていますが、年末になると多くのお客さんからハウスクリーニングの依頼を受けます。

でも、正直いって、毎年年末はお客さんの希望の日時に答えられないことが多いです。

大掃除って年末にするものだと思われがちですけど、別に大掃除は年末にこだわらなくても良いと思っています。

年末にこだわらなければ、寒さが厳しくなる時期を避けたラクな掃除ができます。

年末にこだわらなければ、ハウスクリーニングの予約も希望の日時で取りやすいです。

今回は、【年末にこだわらない大掃除のはじめ方】を紹介していきます。

【大掃除】は年末にこだわらなくても大丈夫

「頑張ったけど、大掃除が年内で終わらなかった・・・」

「年末は忙しくて、結局大掃除できなかった・・・」

そんな後悔をする人も多くいるようですが、正直いって大掃除って年末にこだわらなくても良いですよね。

日常の気になる汚れが落ちて、快適に暮らせれば、大掃除自体もする必要はないように思います。

毎日こまめにいろんなところを掃除している人なら、大掃除とはずっと無縁だろうし、汚れを落としやすい時期や掃除しやすい時期を知っている人はあえて一般的な大掃除の時期を早めに設定して無理がないようにしています。

年末って何かと楽しいイベントも目白押しなので、12月を迎える前までには気になるところの掃除って済ませておいた方が良いです。

12月に無理してクタクタになって新年を迎えるよりも、余裕のある心で新年を迎えられると良いですよね。

【大掃除】するなら汚れを落としやすい、掃除しやすい時期が狙い目

毎日こまめに掃除している人なら、大掃除とは無縁かもですけど、汚れが溜まってしまっている場合は、汚れを落としやすかったり、掃除しやすい時期を狙って大掃除するのがオススメです。

例えば、キッチンです。

キッチンには油汚れがつきやすく、油汚れがギトギトについた換気扇やコンロの掃除ってかなり大変です。

大変だからやらずにいる人もたくさんいると思います。

けど、そんなめんどくさそうな油汚れは気温が暖かいと次第に緩んできて落としやすくなるんです。

たまに、換気扇を掃除していないキッチンでは、暑い時期になると油汚れが換気扇から滴り落ちてくることがあります。

めちゃくちゃ不衛生な換気扇だとは思いますが、油汚れが暑さでかなり緩んでいるので掃除しやすいチャンスでもあります。

さすがに、真夏に汗だくで油汚れに立ち向かうのは大変だと思うので、ちょっと暑さが和らいだ10月ぐらいでも油汚れは落としやすいので、この時期を狙ってキッチンの大掛かりな掃除をしはじめても良さそうです。

換気扇の掃除方法は、下記の記事からご覧ください⬇︎

油汚れでギトギトなレンジフードカバー、フィルター、シロッコファンをキレイにする掃除方法

また、寒い時期だと冷たい水を触って掃除するのはめちゃくちゃ苦痛です。

手が霜焼けを起こしていたりすると、ゴム袋をしてたとしてもけっこう掃除はしんどくてしたくなかったりします。

なので、お風呂といった水回りの大掃除も、冷たい水を触るのに抵抗を感じないような時期にやってしまうと良いです。

お風呂の椅子についた白い石鹸カスの落とし方は、下記の記事からご覧ください⬇︎

掃除していても付いてくる!面倒な【石鹸カス】をラクして落とす方法

窓やベランダといった外回りの大掃除も、年末ではなく時期をずらした方が掃除しやすくなります。

寒い中、鼻水を垂らしながらめっちゃ防寒で厚着しての掃除って動きにくいし掃除しづらいです。

外回りの大掛かりな大掃除は、ちょっと薄着でも掃除しやすい格好でできる10月〜11月がオススメです。

窓ガラスの掃除の仕方は、下記の記事からご覧ください。

【窓ガラス掃除】窓ガラスを効率良く短時間でキレイにする3つのポイント

大掃除をハウスクリーニングに依頼する場合も、早めが断然お得!

10月ぐらいから大掃除をはじめたとしても、結局は自分の力では落とせない汚れに気づくときがくるかもしれません。

「こんなに頑張ったんだから、これで十分!」

って捉える人もいれば、

「せっかくだから、ハウスクリーニングでもっときれいにしたい!」

って人もいると思います。

「自分で掃除するのは大変だから、最初から掃除のプロにハウスクリーニングを依頼しよう!」

って考える人もいるかもしれません。

年末は特に、そういった考えを持つ人が増えることを認識しながら、ハウスクリーニングの予約は10月ぐらいから早めにしちゃうのがオススメです。

なぜなら、多くの人が年末にきれいに掃除して新年を気持ちよく迎えたいってめちゃくちゃ思っているからです。

けど、残念なことに年末に入ってしまうとハウスクリーニングの予約はかなり取りにくい状態になっています。

うちの会社はおかげさまでと言って良いのかわかりませんが、すでに年内の予約は取りにくい状態になってしまっています。

我慢して昨年の汚れを溜め込んだまま新年を迎えるのか、

それとも、余裕をもって10月から大掃除をして年末を余裕で過ごし、新年を汚れのない状態で気持ちよく迎えるとどっちが良いか。

どっちが良いなんて、すぐにわかりますよね。

企業によっては、大掃除の早割キャンペーンをしているので、うまくキャンペーンを利用して大掃除を格安で済ませ、年末を余裕で過ごせたらかなりお得です。

年末年始は何かと出費も重なるので、こういった早割キャンペーンは金銭面でもかなり暮らしに余裕を与えてくれると思います。

一度家族で検討してみると良いかもです。


大掃除するなら10月からはじめるとラク

大掃除って年末にするって決まりもないです。

なので、10月ぐらいから大掃除の段取りを決めて徐々に掃除して、慌ただしい12月を迎える前に必要な掃除は終わらせておいた方が年末を楽しく過ごせます。

自分の力では落としきれない汚れがあった場合は、ハウスクリーニング業者が忙しくて予約が取りにくくなる前に予約しておくと心にも余裕ができて健康的な暮らしを送ることもできます。

年末の忙しくて寒い時期に大掃除を頑張りすぎると、体調を崩したり、寝正月を迎えざるを得なくなることだって考えられます。

ぜひ年末は無理をしないように、前々から年末を健康的に楽しく過ごせるように準備してみてください。

今日はこの辺で終わりにします。

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。