こんにちは、ぞのちゃんです。

キッチンで料理をしていると、キッチン周りの壁・床・カウンター下の収納扉とかって油汚れが飛んでベタベタに汚れやすいですよね。

わたしもつい掃除をサボってしまい、ただの水拭きでも落とせていた汚れが落としにくくなったり、さらにベタベタな汚れが固まってしまい落としにくくなってしまった経験があります。

ほかの部屋の床掃除と一緒にキッチンの床も掃除するのもラクかもしれないですけど、

キッチンの床はほかの部屋より油汚れがつきやすかったり落としにくかったりもします。

床に限らず、壁もほかの部屋より汚れが目立ってベタベタに汚れてしまうペースが早いです。

カウンター下の収納扉には油汚れに限らず、調味料がくっついてしまったり何度も手が触れることもあって手垢が積み重なって黒く目立ってきたりもします。

でも、このような面倒な悩みもたった2つのアイテムで解決できちゃうラクな掃除方法があります。

今回は、キッチンの壁・床・カウンター下の収納扉といったキッチン周りについてしまう様々な汚れをラクに落とし、短時間でキッチンの掃除を終わらせる方法を紹介していきます。

キッチン周りの油汚れを時短掃除

キッチン周りの壁・床・カウンター下の収納扉につく汚れは、【アルカリ性洗剤】を使うと落としやすくなります。

だからといって、モコモコに泡立つ洗剤を使った掃除だと水ですすぐ手間が必要だったり、水拭きが何度も必要だったりもします。

そんな面倒な手間を省くには泡立たずに油汚れを落とせる【アルカリ電解水】を使った掃除が断然便利です。

【アルカリ電解水】には界面活性剤が一切入っていないので人や環境に優しく、泡立たずにしっかり油汚れや皮脂汚れを落とす効果があります。

汚れに反応したら、水の性質に戻るので様々な掃除に安心して使えるんですよ。

キッチン周りの掃除に必要なもの

・アルカリ電解水
・マイクロファイバークロス 

たったこの2つだけで十分にキッチン周りをきれいにすることができます。

キッチンの壁の油汚れを落とす方法

①まずは汚れが目立つ部分に【アルカリ電解水】を吹きかけます。

キッチン周辺には油汚れが飛び跳ねやすく、特にコンロの周辺には高いところ低いところ関係なく油汚れがつきやすいです。

汚れが目立つ部分を重点的に【アルカリ電解水】をスプレーしていきます。

ただし、最初から広い範囲にスプレーしてしまわないように気をつけてください。

なぜなら、拭き取り忘れにつながったり、洗剤が長い時間壁紙に反応してしまうと壁紙にダメージを与えてしまうかもしれないからです。

これは【アルカリ電解水】に限ったことではなくて、ほかの洗剤でもあり得ることです。

せっかくきれいにしようと掃除しているのに、素材を傷めてしまったり使えなくなってしまっては悲しすぎます。

なので、手が届く範囲で、少しずつ掃除する範囲を広げていってください。

②マイクロファイバークロスで汚れを残さず拭き取ります。

普通のクロスでも良さそうですけど、超極細繊維でできているマイクロファイバークロスで汚れを拭き取った方が断然しっかり汚れを絡め取ってくれます。

特に、このような凹凸のある壁紙の場合、普通のクロスだと表面の汚れしか拭き取れていないことが多いです。

なので、普通のクロスよりもマイクロファイバークロスを使った方が奥の汚れまでしっかり絡め取るし、汚れが積み重なって目立ってきてしまうタイミングを普通のクロスで掃除するより遅らせることだってできます。

マイクロファイバークロスが汚れできたら、拭く面を折りたたんで変えてみたり、新しいマイクロファイバークロスに取り替えたり、水洗いで汚れを洗い落としてからまた掃除を再開してみてください。

カウンター下の収納扉の油汚れを落とす方法

カウンター下の収納扉にも外側だと料理中の油汚れは飛び散りやすく、扉の内側も調味料がついてしまったり手が触れることによっての手垢汚れがつきやすかったりします。

手垢汚れも積み重なると次第に黒く目立ってくるようになります。

このような汚れも【アルカリ電解水】を吹きかけてマイクロファイバークロスで拭き取れば短時間できれいにすることができます。

掃除の仕方は、壁の拭き掃除と同じで、スプレーして拭き取る。

これだけです。

さらに、よく手が触れるカウンター下の収納扉の拭き掃除には除菌効果が高いものを使った拭き掃除がオススメです。

表はアルカリ電解水【クリアシュシュ】の抗菌力を示したものです。

大腸菌や腸炎ビブリオはクリアシュシュを吹きかけて30秒後には0になり、

サルモネラは5分後には0、0−157は15分後には0になります。

よく手が触れるところには雑菌がウジャウジャです。

雑菌がウジャウジャの収納扉に触れたあとに口にするものを触ってしまうと、食中毒の原因になってしまうことも考えられます。

【アルカリ電解水】を使った拭き掃除で除菌もできて、食中毒の心配もなくなるって最高じゃないですか?

キッチン床の油汚れを落とす方法

キッチンの床は油汚れでベタつきやすく、ほかの部屋の床よりマメに拭き掃除した方が快適に楽しく料理できます。

「ほかの部屋の床掃除と一緒にしてみても良くない?」

って意見もあるかもしれませんが、壁やカウンター下の収納扉と一緒のタイミングで【アルカリ電解水】を使って掃除すると掃除にかかる時間をかなり短縮できます。

特にコンロの周辺には油汚れが飛び散っているのでベタつきやすく、ほかの部屋の床の拭き掃除と同じ感じで掃除してみても汚れが落とせないこともあります。

なので、キッチンの床を掃除するときは汚れがヒドイところにアルカリ電解水を多めにスプレーして、汚れにアルカリ電解水がしっかり反応する時間を置いてからマイクロファイバークロスで拭き取ると、より汚れを落としやすくなります。

今回紹介したように、キッチン周りの壁→カウンター下の収納扉→床の順番で掃除するとよりスムーズにキッチンの掃除ができ、汚れを見落とすことなくきれいなキッチンにすることができます。

【アルカリ電解水】と【マイクロファイバークロス】だけで、キッチンの壁も床もカウンター下の収納扉も短時間でスッキリきれいになりました。

キッチン周りって料理するたびに油汚れが飛び散りやすいけど、掃除道具を使い分けることもなく【アルカリ電解水】と【マイクロファイバークロス】だけで壁も床もカウンター下の収納扉も一気に掃除ができたらかなりラクですよね。

今回のキッチン周りの掃除に使った【アルカリ電解水】はこちらです。

オススメのマイクロファイバークロスとセットになったものもあるので、良かったらのぞいてみてください。

キッチン周りの掃除にあれこれ道具や洗剤を使い分ける必要はない

キッチンの周りにつく汚れは油汚ればかりです。

油汚れを落とすのは大変そうですけど、油汚れに効果的で手間をかけずに短時間で落とせる【アルカリ電解水】があれば、

「壁には、コレとコレ!」

「床には、コレとコレとコレ!」

「カウンター下の収納扉には、コレとコレと仕上げにコレ!」

って感じで掃除道具や洗剤を使い分ける必要はなくなります。

毎日のように料理をしていればキッチン周りはより汚れやすいですけど、料理するたびにキッチン周りを掃除するのも大変なので、キッチン周りの掃除ではラクできる掃除方法が一番暮らしに取り入れやすいです。

今回紹介したキッチン周りの掃除に必要なものは【アルカリ電解水】と【マイクロファイバークロス】だけです。

ナチュラル思考の人は、重曹とかセスキ炭酸ソーダをお使いかと思いますけど、汚れの落ち具合に満足できていない人もいるかもしれません。

そのような人はぜひ【アルカリ電解水】を試してみてください。

100倍ぐらいに水で希釈しても、重曹より洗浄力が高かったりするので、実は経済的にも優しい面もあります。

きっと掃除のしやすさや、汚れの落ち具合、掃除にかかる時間の短さに満足すると思います。

今日はこの辺で終わりにします。

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。