【感染症対策】ネイルサロンを光触媒コーティングでまるごと抗菌

こんにちは、ぞのちゃんです。

先日、感染症対策として光触媒コーティング(抗菌コーティング)施工のご依頼をいただいたので施工させていただきました。

今の時期、感染症対策として「抗菌」したいという方も多いのですが、光触媒コーティングを施工することで、「抗菌」以外の効果もあったりします。

  • カビ、花粉、PM2.5、ホルムアルデヒドなどの「分解
  • サルモネラ菌、ノロウイルス、インフルエンザなどの「抗菌
  • タバコ、トイレ、ペット、医療・介護現場などの「消臭
  • 外壁、ガラス、タイル、テントなどの「防汚

光触媒にはこんなにも様々な効果があるので、これまでの衛生管理の負担を減らしながら、安心できる快適な空間を作ることができます。

この記事では、光触媒コーティングの施工の様子を紹介しながらお客様のご質問にも答えているので、これから光触媒コーティングをしてみようかな?と考えている方の参考になると思います。

安心できる健康的な暮らしを守れるように、この記事が感染症対策に悩まれているあなたの役に立つと幸いです。

ネイルサロンの光触媒コーティング施工

日頃から店内の掃除は丁寧にされていらっしゃるネイルサロン「ラブブルカ」のオーナー様から光触媒コーティングのご依頼をいただきました。

女性のお客様が多く来られる店内はとても可愛らしくて清潔で、オーナー様からお話を伺うと消毒や衛生面にかなり気を配っていらっしゃるご様子です。

オーナー様には、施工前に清掃することでより十分な効果を得られやすくなるという説明もさせていただいて、

「自分のお掃除だけでは少し不安なので、チェックしていただいてお掃除が甘いところはお掃除をお願いしたい」

「お客様が触れるところを重点的にお願いしたい」

ということだったので、わたしたちで店内全体を清掃してから光触媒コーティングをさせていただくことになりました。

ネイルの施術に使われる道具や小物も多く、それらはオーナー様にお掃除していただきました。

ネイルの施術中に使われるテーブルや

お客様が座られる椅子も、肘置きのところまでしっかりと清掃したあとにコーティングしていきました。

施術に使われるネイル道具にもしっかりと噴霧。

お客様が触れそうな場所やモノをとことん噴霧しました。

最後には、衛生状態を確認するために「ATPふき取り検査」を行いました。

「ATPふき取り検査」の「ATP」って一体何なの?って思われる方も多いと思いますが、

「ATP」とはミトコンドリアが作り出すエネルギーの値です。

生き物を含む多くの有機物に含まれるATPを汚れの指標として、汚れを検出するのが「ATPふき取り検査」です。

(※あくまでも「ATP拭き取り検査」は衛生状態を確認するものでウイルスを検出できるものではありません。勘違いされている方もいるようですが、ウイルスは検出できないのでその辺は理解しておいた方が良いかと思います。)

衛生状態が良い状態は、こちらの表を基準としています。

基準値に近い数値になるように清掃してから、その状態が長く続くように光触媒コーティングをしていきます。

その結果、お客様がネイルの施術中に手を置くクッションの衛生状態は「266RLU」

お客様が手洗いをされる際に触れる蛇口は「76RLU」とかなり衛生状態が良くなりました。

コーティング施工前にしっかりと清掃もしているので、接着力も高く、より長期間効果を維持できると思います。

また、光触媒コーティングはカビを防止する効果も優れているので、カビが発生しやすい家具の側面やエアコンのフィルターや内部にも噴霧したり

消臭効果も期待できるので、お手洗いの壁・床・天井にも十分に噴霧しました。

店内すべて(壁、床、天井、テーブルや椅子、ネイルの施術に使用される道具など)の清掃と光触媒コーティングの施工で大体3時間弱掛かりました。

予想以上に時間が掛かってしまいましたが、オーナー様のこの笑顔を見れて達成感ハンパないです。

「これで安心できる!」と仰っていただき、オーナー様のお役に立てて最高に気持ち良いです!

オーナー様の「光触媒コーティングに関する疑問」

オーナー様も光触媒コーティングについてある程度調べていらっしゃって、

「これまでの光触媒コーティングだと2〜3ヶ月しか持たないって聞いてるけど、この光触媒コーティングはコスパ的にどうなの?」と疑問に感じていらっしゃいました。

それなりに費用が掛かってしまう光触媒コーティングなので、どれほど効果が持つのか、コスパ面はどうなのか気になるところだと思います。

従来の光触媒コーティング

正直な話、これまでの光触媒コーティングは長持ちするものではありませんでした。

その理由の一つに、コーティングに使用される酸化チタン粒子のサイズが関係しています。

これまでの光触媒コーティングに使用されていた酸化チタンの粒子はサイズが大きくて自力で施工面に結合できず、バインダー(接着剤)がどうしても必要でした。

そのバインダー(接着剤)に酸化チタン粒子が埋もれてしまい、酸化チタンの表面積が小さいので強い太陽光が必要となっていました。

ナノゾーンソリューションによる光触媒コーティング

しかし、今回光触媒のコーティングに使用した「ナノゾーンソリューション」だと酸化チタンの粒子のサイズが世界最小の2〜3nmなのでバインダー(接着剤)がいらないうえに、酸化チタンの粒子はむき出しになり表面積が大きくなります。

そのため、分子間力で自己結合しわずかな光でも効果を発揮できるようになります。

「ナノゾーンソリューション」を使用した施工は、従来の光触媒コーティングとは違い、バインダーに酸化チタンが埋もれることがなく、より長期期間効果を発揮し続け、従来のものよりもずっとコスパ削減に役立ちます。

お店を経営する方にとっては、お店の衛生状態を良い状態で保つのはもちろんですけど、コスパ面もかなり重要だと思います。

長期的な効果やコスパ面を気にかけていらっしゃる方には、世界最小レベルの酸化チタン粒子を使用している「ナノゾーンソリューション」での施工がオススメです。

光触媒コーティング(抗菌コーティング)に関する詳しい情報は下記からご確認ください。

光触媒抗菌コート「ナノゾーンコート」でウイルス対策!長期的抗菌・消臭・防汚効果

この記事が、あなたやあなたの大切な人の健康を守るために役立つと幸いです。

 

【光触媒コーティング施工済み】
ネイルサロン
Love brka【ラブブルカ】
鹿児島県鹿児島市東千石町10-12 63ビル2階
天文館/いわさきパーキング目の前 (にぎわい通り)
TEL:080-6407-2936