便器の尿石や水垢を落とす方法!水がたまっているところは黒く汚れやすい

こんにちは、ぞのちゃんです。

トイレって使う頻度も高いので、マメに掃除する人も多いと思います。

しかし、よく掃除していても便器の水がたまっている周辺には黒かったり茶色かったり汚れが付きやすいです。

  • 洋式トイレの水がたまってるところが黒くなってしまい落ちない
  • 時間をかけて汚れを落としたいけど、家族がいると掃除するにも時間帯を気にしてやらないといけない

などなど、トイレ掃除にはいろんな悩みが出てきてしまいます。

今回はそんな悩みを楽に解消できるように、短時間でできる便器についた頑固な黒い汚れの落とし方を紹介していきます。

「何やっても汚れが落ちないから掃除のプロに頼もうかな〜」って思っている方にも、最後まで読んでいただけたらきっと自分でもきれいに出来そう!って思えてくると思います。

便器の黒い汚れに悩まされている方は、ぜひ最後までご覧になってみてください。

便器の水がたまるところには黒い汚れが付きやすい

便器の水がたまってる付近って、なんだか黒かったり茶色かったり汚れが付きやすくないですか?

その汚れは、尿石や水垢だったりします。

毎日のようにトイレ用洗剤で掃除していても、この汚れは付きやすかったりもします。

なぜなら、トイレ用洗剤って市販のものは中性のものが多くて、こまめに早めに掃除していればまだ汚れは落としやすいですけど、尿石や水垢は中性洗剤ではなかなか落とすことができないからです。

尿石や水垢は弱酸性や酸性の洗剤を使った掃除がオススメです。

便器が汚れてきて間もなかったり汚れの付き具合が軽い状態だったら、クエン酸といった酸性の洗剤で落とすこともできます。

でも、汚れがひどく頑固にくっついてきたらクエン酸ではあまり効果はなく、落とせないことが多いです。

時間があるときに、水100mlに対して小さじ2分の1杯のクエン酸でクエン酸水を作って、便器にスプレーして汚れに反応するようにトイレットペーパーを湿布のように貼り付けて汚れを落とす方法もあります。

この方法は時間をかけてみると落としやすくもなりますが、家族と一緒に住んでいたら誰がいつトイレを使いたくなるかわからないので、掃除する時間帯を気にしながら掃除をするしかないです。

となると、十分に時間を取れずに汚れを納得いくまで落とすのは難しくもあります。

時間を気にせず便器の汚れを落とす方法

洗剤を便器にスプレーして時間をかけて汚れを緩ませて掃除する方法も良いとは思いますが、時間に余裕がないときにはそういった掃除はなかなかできません。

時間をかけずに便器の頑固な汚れを落とすには、削って落とすのが良いです。

使う道具は【水垢落としスティック】だけです。

天然の軽石でできた【水垢落としスティック】は、水に濡らすと陶器より柔らかい状態になります。

といっても、尿石や水垢より硬い状態のままなので陶器の便器に傷を付けにくい状態でしっかり汚れを落とせるんです。

素材が陶器の便器なら使えますが、アラウーノといった特殊な素材でできている便器やコーティングされている便器には使わないようにお願いします。

それでは、使用方法を順に説明していきます。

①【水垢落としスティック】をしっかりと水に濡らします。

手に持っているものが【水垢落としスティック】です。

【水垢落としスティック】は1分ほど水に浸してよく濡らしてから使います。

また、便器の中も掃除する前に一度水を流して濡らしておいてください。

【水垢落としスティック】も掃除したいもの自体も乾燥してしまっていると傷が入ってしまう原因になるので、必ず常に水に濡れた状態で掃除していってください。

②便器に付いた汚れの部分を消しゴムで消すようにこすっていきます。

常に水に濡れた状態でゴシゴシこすっていくだけです。

難しい技術もいらずに、頑固にくっついていた汚れが楽に落ちていきます。

こすっていくうちに、消しゴムで文字を消していくみたいにザラザラとした削りかすが出てきて、角ばっていた【水垢落としスティック】の角が変形していき、便器のフチ裏部分にも入り込みやすくなっていきます。

一通り汚れが気になる部分をこすり終わったら水を流します。

水を流してみるとこすりが足りない部分もわかってくるので、何度か水で流して確かめながらこすっていくと便器全体をきれいにしやすくなります。

削りかすを水に流して大丈夫なの?って思われるかもしれませんが、【水垢落としスティック】は天然素材でできているので水に流しても環境に悪い影響は与えません。

【ビフォー】こんなに汚れが目立っていた便器が

【アフター】あっという間にピカピカです。

ここまで掃除するのにかかった時間は10分弱です。

掃除のプロはもっと専門的な洗剤や道具を使って汚れを落としていきますが、一般家庭でもこの程度の掃除なら難しく感じることなく十分にきれいにできます。

使用後はしっかりと乾燥させて保管してください。

掃除するものの素材が陶器やタイルなら便器に限らず使えます。

なので、陶器でできた洗面台やトイレタンクの水垢落としにも効果的です。

【ビフォー】水垢で真っ黒になっていたトイレタンクも同じ掃除方法で

【アフター】こんなにピカピカになります。

使用方法通りにすれば、目立つ傷を付けずにしっかり気になる汚れを落とせます。

素材が何なのかわからない場合は、目立たないところで一度テストをしてみて問題ないことを確認してから全体の掃除に使用すると良いです。

便器の汚れが何をやっても落ちなくて困っている方は、ぜひお試しください。

日常のトイレ掃除は汚れが付かないように掃除しよう

便器の水がたまっている部分は黒かったり茶色い汚れが付きやすいです。

なので、便器の掃除をするときは洗剤が水で薄まってしまわないように、水位を下げてから洗剤を吹きかけて汚れを落としやすい状態にしてから掃除するようにしてみてください。

最近はリモコン操作で水位を下げられる機能も付いていますよね。

そういった機能をうまく使って掃除してみてください。

そういった機能がない場合は、ブラシを使って排水口へ水が押し込めば水位は下がります。

このように水位がある場合、ブラシで水を押し込めば水位は下がります。

小さいブラシでは水を押し込みにくいですけど、写真のように大きめで素材に傷つけない柔らかめのブラシでいつも掃除してみると良いですよ。

数回ブラシで水を押し込むだけで、これだけ水位は下がります。

水位を下げてから洗剤を吹きかければ、洗剤は水で薄まりにくくなり、水がたまっている周辺に頑固な水垢や尿石が付きにくくなる掃除ができます。

きれいになった便器がまたすぐに汚れて落としにくくなってしまわないように、ぜひ水位を下げてから掃除してみてください。

トイレの落ちない汚れに悩まされる方が減り、トイレ掃除に負担を感じなくなるようにこの記事を参考にしていただけると嬉しいです。

あなたのトイレ掃除が楽になることを祈っています。

トイレお風呂洗剤 トイレバスクリア 500ml
クリンシア
トイレお風呂洗剤 トイレバスクリア 500ml、詰め替え1L
クリンシア
created by Rinker
クリンシア
¥1,540 (2020/04/11 02:46:44時点 Amazon調べ-詳細)